和菓子で表現する鶯(ウグイス)

和菓子で表現する鶯(ウグイス)

代表の吉川です。

お正月も終わり蝋梅が咲いて次は、の季節です。

と言えば鶯(うぐいす)です。

とよく昔から言われています。

実は、私の趣味が北山や甲山の野鳥撮影でして。

和菓子で作る、花札の、古い掛け軸の...

色について疑問が有ります。

本日、鶯の上生菓子うぐいす餅を作りましたのでこれを機会に紹介します。

20170113a菓一條 栄久堂吉宗のうぐいす餅

一般には、うぐいす粉を使うのですが私は、あまり美味しいと思いませんから

5年ほど前から自家製抹茶黄粉を使っています。

実のところ加工用抹茶でなく抹茶で使用する高級抹茶を使いますからコストは、かなり上がりますが

お客様が召し上がって美味しい!と思って頂ければ良いかと思います。

 

20170113aaそして上生菓子の鶯(うぐいす)は、定番の茶巾絞りで表現します。

ここで疑問が!

...こんな色で御座いません。

20170113aaaa菓一條夙川工房に今の時期遊びに来てくれる鶯さんです。

そして鶯さんは、の木に止まりません。

20170113aaaaaaaそしてこちらの子がメジロさん。

メジロさんは、の木に止まります。

昔からと表現されているのは、メジロだと思います。

についていろんな説が有るのですが和菓子職人としてを表現するのなら

やはり鮮やかな緑色でしょうね。

茶色い鶯を作っても色合いがね~。

ずっとずっと昔から和菓子で表現するは、緑色ですからそれは、それで良いかと思います。

本日から上生菓子のうぐいす餅を店頭にて販売いたします。

美味しいですから是非、ご賞味して頂けたらと思います。

 

菓一條 栄久堂吉宗
住所:兵庫県西宮市羽衣町7-26ミズキアルペジオ夙川ビル1F(阪急夙川駅徒歩1分)
電話:0798-36-5431
Home Page : https://wagashi.gr.jp/

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. 節分 上生菓子 夙川 菓一條 栄久堂吉宗 豆まき
  2. 上生菓子 無花果(いちじく) 西宮 菓一條栄久堂吉宗 
  3. 平成二十八年 勅題 『語』 上生菓子
  4. 上生菓子 焼栗(やきぐり)尾上先生 本光寺(東大阪市) 菓一條栄…
  5. 2018年3月29日 菓一條夙川桜開花状況 あんみつ
  6. 婦人画報 2018年2月号に菓一條栄久堂吉宗の『縁く栗』が掲載さ…
  7. 上生菓子『下萌』 神戸 生田神社 2018年2月25日
  8. 奇跡の百合根のモンブランケーキ! 雨上がりのフォトぶら! 夙川ケ…

関連記事

  1. 上生菓子 盆の月 月写真 菓一條栄久堂吉宗
  2. 御伽草子(おとぎぞうし) 上生菓子 西宮神社 六英堂 お茶会
  3. 薯蕷うさぎ (月見兎) 月見和菓子
  4. 三升の大鏡餅!
  5. 端午の節句 上生菓子と柏餅 菓一條栄久堂吉宗 夙川駅近く
  6. 2017年 氷苺(かき氷)が終了間近です。
  7. 有馬温泉までお正月和菓子の打ち合わせ。
  8. 4月10日は、『とおかし』です。

夙川駅南側、菓一條カフェ営業中

営業日カレンダー

  • 今月(2018年8月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2018年9月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    (      発送業務休日)
PAGE TOP